「今日の空」の少し下で

Category : blog
Date : August 17, 2018

 

アレサ・フランクリンがこの世を去った。
今日は一日中、高校生の頃よりの愛聴盤「Lady Soul

原宿での打合せの前、少し早く着いたので、
いつものように、大好きな代々木公園をお散歩。
今日は、生き生きとした植物の中を、
少し強い、それでいて爽やかな風が吹いていた。
木陰のベンチに座り、そんなやさしい緑を見上げていると、
そこにある光と色と、そして緑の香もすべてが気持ちいい。
秋が近くに来たかも。

そして夜には、待望の「縄文展」へ。
あらためて縄文時代は、世界的にみても特別な時代であったことを
その“美しさ”を持って知ることが出来る、すばらしい展示。

これまでにも青森にて、たくさんの縄文土器に出会ってきたことも手伝って、
今はまだ、もう胸がいっぱいで、いっぱいで。

そんな「今日の空」の少し下。

 


@