終戦記念日、新宿ピカデリーにて
この世界の片隅に」終戦記念日上映会へ。

この映画を映画館で観るのは2回目でしたが、
2年前に上映されてから、今でも上映が続いています。
その脚本および編集、そしてその絵が素晴らしいのはもちろんのこと、
このアニメ映画は、戦争を描いているにもかかわらず、

「何よりも大切なものは、この日々の日常だ」

と語られているようで、その部分にも大きく惹かれています。
そして、のんさんの声優としての魅力も、
この映画に欠かすことができない大きな核のひとつ。
彼女の声を聴いていると、それだけで
たわいもない日常こそが、特別な日常でもある、
というように感じるのですから、やはり特別な存在なのかもしれませんね。

上映後には、のんさんと片渕須直監督による舞台挨拶がありました。
そしてその中で、今年の12月には、30分ほど新しいお話を加えて、
これまたなんとも魅力的なタイトルの
「この世界の さらにいくつもの 片隅に」
が上映されるとのことです。
新しいお話は、本編の途中に加わるとのことで、
タイトルの「さらにいくつもの」は途中に。
もしかしたら、「片隅」とは「日常」とも言ってもいいのかもしれません。
ぼくも今からとても楽しみにしています。

“終戦記念日”という言葉を、今こうやって改めて見つめながら、
本当に、二度と同じ過ちを繰り返さないように、
そして、この世界から一日も早く戦争がなくなることを願うばかりです。

そのことを忘れないために、
このたいせつな日常をもっともっと大切にするように、
ぼくも、この世界の日常を見つめ続けていきたいと思っています。

もう一度「この世界の片隅に

 


この世界の片隅に 特装限定版

 

 


@